So-net無料ブログ作成

小保方晴子氏捏造疑惑! 【最新情報】 [科学]

obokata.png


小保方晴子さんの論文に捏造疑惑がかけられていますが、ここで最新情報を整理してみたいと思います。

小保方晴子さんはstap細胞論文の著者の1人として日本だけではなく、海外でも生物学の分野で革新的な発明をしたことで、一気に注目を浴びました。

しかし、11日、理研に所属している小保方晴子さんをユニットリーダーとして提出された早稲田大学への博士論文に、アメリカの研究者がネット上にあげた文章ととても似ているとする部分が多く見つかった。

似ていると思われる所は数えると、108ページに渡る博士論文の約20ページ分になると言われています。

小保方晴子さんは早稲田大学に提出したこの論文で審査の結果、合格、博士の学位を得ました。

現在、分かっている時点で論文の冒頭部分、研究の目的を明確にする文言がネット上に載っている文章と単語の並びから句読点までほぼ同じだったとしている。

ネット上に載っている文章がコピペで論文に使われた可能性が多分にあるとして、捏造疑惑を追求されることとなった。

この早稲田大学に提出された小保方春子さんの博士の学位を取ることとなった論文は、stap細胞のことではない。
しかし、小保方春子さんのstap論文捏造疑惑の渦中の中で、過去の論文に捏造の可能性が指摘されたことは、一つの方向性として悪い印象を拭えないのことは仕方がないことかもしれない。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。