So-net無料ブログ作成

ウクライナ情勢最新情報【動画】 [ウクライナ]

u.png 
 
 
ウクライナ情勢最新の記事を読んだ。

ウクライナの首都キエフで、「革命」が親欧米派市民によってもたらされた。

しかしその直後、南方のクリミア自治共和国に、プーチン率いるロシア軍が介入した。

今後のウクライナ情勢はどうなるのか?

国際的評判を犠牲にしても、軍事介入しなければならない理由がある。
ロシア軍が介入したクリミア自治共和国は、人口約200万人のうち60%がロシア人だからだ。

そのウクライナに居るロシア人はロシア系住民を虐待、虐殺するのではないかと恐れている。



クリミアのロシア人は、“民族主義者の襲来”を恐れている。

それこそがロシア軍事介入の理由です。

実際、ロシアの国民のほとんどが、この大義名分と介入を支持しています。


いつも主にアメリカ、欧米側に正義が有るような報道ですが、とても違和感があります

軍事力行使で政権を奪取した暫定政権を支援する欧米の行動が過去にも戦争へと発展した日本叩く時代と似てると思うのですが。

クリミアの住民投票でロシア編入を望む票が多いなら、それで良いのでは?

ウクライナのままなら、このまま内戦状態が続く。

欧米が反対したところで、住民を軍事的に押さえつけるしかなくなるんだから。

ただし、ウクライナの情勢って、私たちは誰も知らない。

知らないなかで、色々言っている。
 
 
 
セルビアで起きたコソボ紛争でアメリカが武力行使しアメリカは独立を認めたがロシアは認めていない。その全く逆のことがウクライナのクリミアで今起きている。 クーデターでできた非合法政権だとウクライナ政権を認めず住民の自治だというロシアと国には主権があるから主権を侵してはいけないというアメリカ。どちらも民主主義の原則だが...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。